今日の読み物

2020年7月6日第1336号

ニュースチェック

  • ・熊本の豪雨被害で朝日のほころび目立つ(赤塚 隆二) pickup!
  • ・生きて原稿を送ってこそ (錦織 正文)
  • ・官邸主導という名の「側用人政治」を痛撃 (天野 勝文)
  • ・首相はコロナ禍の拡大でも影が薄い  (脇 正太郎)
  • ・圧勝した都知事の関心はどこにある   (井上 協)
  • ・知事、国政復帰の可能性は?  (錦織 正文)

ウォッチ

  • ・黒川事件は「内閣人事局」問題だ   (山本 悦夫)

かるちゃーひろば

  • ・皇籍離脱・皇籍復帰と社会的身分(41)
        ミッシングリンク、探してます (石瀧 豊美)

異論・反論・正論

  • ・賭けマージャンの本質とは  (神倉 力)

駆け込み雑記帳

   脇 正太郎/富沢 勝/今西 光男
メディアウオッチ100
【2020年7月6日 第1336号】

ニュースチェック

2020年7月6日 第1336号 抜粋

熊本の豪雨被害で朝日のほころび目立つ

    赤塚 隆二
 熊本県の球磨川流域を襲った豪雨禍の紙面的成否は、多数の高齢者が心肺停止になった球磨村の特養施設「千寿園」に早く到着し、現場雑観を発することにかかっていた。
 7月5日付の各紙を見ると、一番乗りは西日本で4日午後6時には着いている。救助活動、入居者らの避難を手伝った住民の談話などがある。力のある記者が激戦地に入ったら、映像に負けないことを示している。毎日は午後7時過ぎの救助作業の風景を伝えた。朝日は午後7時16分の写真を載せたが、住民らの声はない。読売は上空写真が6時22分であり、出遅れたとみられるが、声は叩き込んだ。
 毎日、読売、西日本はグラフ面を設けたが、朝日にはなかった。編集局にはカロリーの低い広告を引っぺがして、グラフ面に回す増段枠が認められているが、経営的には儲けが吹き飛ぶ。増段枠が抑制されているのだろうか。
 朝日は社説に「捜索と救助に全力を」と掲げた。だが、安倍晋三首相の談話の焼き直しみたいな力のないものだった。西日本の「『気候危機』時代に備えよ」に比べると、毎年発生する豪雨に対する思索に欠けた。

 (あかつか・りゅうじ)元朝日記者。福岡市在住。
メールマガジン購読お申し込みにて最新号をご購読いただけます。


デスクからの一言
 熊本県人吉には三度、訪ねている。学生時代、1990年代の福岡勤務と定年後の10年前だ。豊かな緑と球磨川の清流の人吉盆地は別天地で、温泉と球磨焼酎が世俗の疲れを癒してくれた。温泉街から出る球磨川下りは緩やかな流れから始まり、両岸が迫ると一気に急流、激流になり、それが1時間あまり続く。今回、多数の犠牲者を出した特別養護老人ホームはその右岸にある。10年前、人吉城址から対岸を臨むと、温泉旅館は老朽化し、温泉街はすでに廃れ、「温泉病院」「リハビリセンター」「温泉付き特養」の立派な建物ばかりが目についた。過疎の温泉地が介護産業、老人産業で復活するのもいいかもしれないと思ったが、それを支えるインフラ、治水対策が伴っていなければ、悲惨な災害を招くことになる。「西の八ッ場ダム」といわれる川辺川ダムは建設再開すべきだろうか。 (今西 光男)

出版物のご紹介

このたび、メディアウオッチ100から「志高く WORK HARDで がんばらなあかん」玉井義臣 ― あしなが運動のすべてを語る が2012年9月10日(月)に出版されました。連載中から大反響のあった「あしなが運動半世紀の真相を語る」と題した連載記事を大幅に加筆した上に、東日本大震災の発生直後から動き出し、これまでに遺児2058人に各200万円、総計約41億円を送った救済活動や、これからの運動の重点にしているアフリカのエイズ遺児たちの救済活動への展望などを長時間のインタビューで存分に、語ってもらいました。本誌初出版です。詳しくは「出版物紹介」ページをご覧ください!

特別インタビュー

山岸 章 氏

連合初代会長

山岸 章 氏

いまだから語る・政権交代の真相と現実

2012年5年30日リリース

緒方 四十郎 氏

日銀理事OB

緒方 四十郎 氏

日本は今こそ経済再生にチャレンジを

2012年4年23日リリース

玉井 義臣 氏

あしなが育英会会長

玉井 義臣 氏

あしなが運動半世紀の真相を語る

2012年4年30日リリース

渡部 富哉 氏

社会運動家・社会運動研究家

渡部 富哉 氏

白鳥事件は冤罪ではなかった!

2012年3年16日リリース

杉原 泰雄 氏

憲法学者

杉原 泰雄 氏

危機の今こそ『憲法』を読み直そう

2012年2年15日リリース

小倉 純二 氏

財団法人・日本サッカー協会会長

小倉 純二 氏

2015年の時点で日本代表チームの世界トップ10入りを目指す!

2012年1年30日リリース

矢野 絢也 氏

元公明党委員長

矢野 絢也 氏

中央政界を45年間、見続けて

2011年12年14日リリース

福井 惇 氏

産経新聞OB・帝京大学名誉教授

福井 惇 氏

昭和の事件記者が吼える「記事は足で書け!」

2011年10年28日リリース

武村 正義 氏

元内閣官房長官・大蔵大臣

武村 正義 氏

今こそ新たな政治改革を実行する時だ

2011年9年9日リリース

野中 広務 氏

元内閣官房長官・自民党幹事長

野中 広務 氏

混迷の時代を斬る

2011年8年24日リリース

山崎 正和 氏

劇作家

山崎 正和 氏

新聞は責任感ある第4の権力であり続けてほしい

2011年7年18日リリース

本多 勝一 氏

ジャーナリスト

本多 勝一 氏

私のメディア論

2011年6年29日リリース

メディアウオッチ100とは

●新聞・テレビ・ネットで伝えられない情報を週3回発信
●新聞各紙OB や学者、弁護士、企業トップら同人186 人が執筆
●東日本大震災直前の2011 年3 月から発信、1100 号を突破!
●特別インタビューで秘話を掲載(本多勝一氏、山崎正和氏、野中広務氏、武村正義氏、福井惇氏、矢野絢也氏、小倉純二氏、杉原泰雄氏渡部富哉氏玉井義臣氏緒方四十郎氏、山岸章氏
 詳細はメディアウオッチ100とは?ページをご参照ください。
  • Copyright© 2011-メディアウオッチ100 All Rights Reserved.